土地の購入を検討しているなら|設計事務所へ相談することで

女性

マイホーム新築の基本とは

住宅模型

古家付きの物件が多いのが杉並区の土地の特徴ですが、すぐにマイホームの新築工事に着手したい場合には、更地の中から選ぶべきです。数多くの業者の物件を幅広く一般公開する、不動産情報サイトを利用するのが、手ごろな宅地情報をスムーズに見つけるコツです。富裕層も数多く居住する土地柄なので、杉並区には1億円以上の宅地も多いですが、50平米前後の狭小地は5000万円前後で購入しやすいです。狭小地を購入した場合には、敷地をフル活用する創意工夫が求められるので、杉並区での施工実績が多い業者に家づくりの相談をするのが理想的です。三階建て住宅やカースペースの完備した注文住宅の施工実績も多いのが、杉並区内の業者の強みであり、二世帯住宅の建築にも対応してくれるでしょう。そして開業医や税理士などの専門職も、杉並区内で積極的に土地を購入しており、併用住宅として活用するのが一般的です。坪当たりの価格が200万円前後の土地が多い事情もあり、間口の狭い宅地や変形地を最大限に生かした注文住宅も評判です。初めて杉並区で家を建てる場合には、土地探しを地元の不動産会社に依頼するケースも多く、開放感のある角地が大人気です。立地条件に恵まれている角地は物件数が少ないですが、不動産会社のリクエストサービスの活用で、住宅建築に最適な土地が手に入るでしょう。希望する条件の宅地を手に入れると、注文住宅の設計もスムーズに行えるので、マイホームを新築した施主の喜びも大きいです。