土地の購入を検討しているなら|設計事務所へ相談することで

女性

地質を確認する

模型と図面

費用を抑える簡単な方法

杉並区に家を建てるということは、その土地の地面に家を支えてもらうわけですから、地面の中がどんな地質でどれくらいの支える力があるのかを、杉並区の土地を選ぶ際に知っておけば安心ですし、適切な対応策を施しておくことも可能です。とりわけ地震に対して心配のないようにしておくことができます。とはいえ、地面の中は簡単に見ることはできませんが、もし選んだ土地が古くから代々人々暮らしていたところなら、そこは祖先達が、長い間の経験から選んできた地盤の安定した杉並区の土地であると、信じてよいでしょう。杉並区に建てる家が、木造2階建てくらいの規模の場合は、建物全体の重量がそれほど重くならないので、昔から人々が住んできた土地なら詳しい調査をしないで家を建てても、それほど心配しなくて大丈夫ですが、最近開発された分譲地などでは、念のため地質調査のデータを手に入れておきたいものです。地質を調べるには、家の基礎を支持する深さまで地面を掘って直接目で確認する方法もありますが、一般に行われている地質調査法の1つに、スウェーデン式サウンデング法というものがあります。これは、荷重をかけた金属棒の沈み具合によって、土質が固いか柔らかいかを調べるもので、深さが10m程度までと限られますが、木造の家を建てる時のデータとしては必要な情報を入手できます。ハウスメーカーがよく採用する方法で、簡単で費用があまりかからないのがメリットです。